債務整理後の2回目の債務整理は可能なのか

 » トップページ(債務整理弁護士・司法書士ランキング) » 債務整理後の2回目の債務整理は可能なのか

債務整理後の2回目の債務整理は可能なのか

過去にお金ことで失敗し、弁護士にお世話になったことがあって、やっぱりお金に関してはだらしなく、再び債務整理で弁護士にお世話になるようなこともあるかもしれません。ここで疑問に思うのは、2度目以降も自己破産を含めた債務整理を行ってもいいのかどうかです。借金が返せなくなったからといって、2度も3度も借金をゼロにしてもらったり、減額してもらうとなると、誰でも借金を踏み倒してしまう可能性も高くなってしまいます。この場合は、一度目の債務整理でどんな方法を採ったのかが、最大の焦点になります。いくら何でも何度も借金をゼロにすることはできません。それぞれのケースに沿ってみていきましょう。 まずは任意整理です。任意整理なら再び同じような債務整理を行うことはそれほど難しくはありません。つまり、今の返済計画をもう一度見直すような形での債務整理です。返済計画の見込みが甘かったり、リストラなどで収入が激減してしまった場合など、想定外の未来が待っていることもあるのです。こうしたケースでは、債権者も元本や利息の回収が難しくなってきたことが理解できますので、返済期限を延ばし支払うことのできる返済額まで考慮します。ただ、結果として元本や利息はしっかりと回収できるまで、返済を続けてもらう方法を選ぶようです。 個人民事再生を行った場合は、その後7年間は同じ個人民事再生を行うことができません。しかし、7年後以降であれば、再び債務整理を行うことができます。個人再生が選べない場合は自己破産を選択するしかなくなってしまいます。2度目の個人再生は、債権者もあまりいい顔はしないことは間違いないでしょう。 自己破産を行った後は、7年間は自己破産も個人再生も行うことができません。しかし、7年後以降は自己破産や個人再生を行うことができます。ところが、2度目の自己破産は、裁判官が免責を認めないケースがあるようです。これも自己破産が一生に一度しか使えない奥の手であることを表しています。そう簡単に借金を踏み倒すことはできないわけです。法律上は一定期間後に自己破産ができるからといって、何度も自己破産を薦める弁護士や司法書士はいません。自己破産後は、節度を持ってお金を 利用していきましょう。最終的に免責が認められるのか、認められないのかは、その人の行動やお金の使い方にかかっているものと考えてください。

トップページへ戻る