債務整理をすると保証人や連帯保証人に迷惑はかかるのか

 » トップページ(債務整理弁護士・司法書士ランキング) » 債務整理をすると保証人や連帯保証人に迷惑はかかるのか

債務整理をすると保証人や連帯保証人に迷惑はかかるのか

借金をしたときに、自分の責任でお金を借りたということであれば、あくまでも自分の責任の範囲内で債務整理を行うことになります。しかし、保証人や連帯保証人をつけていた場合はどうでしょうか?借金の保証人になんてなることは、絶対止めておくべきですが、兄弟や知人がまとまったお金を借りる際には協力することもあります。 そして、いよいよお金が返せない事態になったときには、保証人に支払うように督促が移っていきます。ここでもし債務整理を選んだとしたら、どうなるのでしょうか?自分自身の債務整理は保証人や連帯保証人は無関係です。だから、返済義務が保証人に移るわけです。保証人も支払いができないとなれば、保証人も債務整理を行う場合もあります。ということは、保証人や連帯保証人にはものすごく迷惑がかかるということです。もし、債務整理をする、ということであれば、保証人に一度連絡を入れるべきです。間違いなく激怒するとは思いますが、それも保証人を引き受けた責任ということになります。 債務整理になった場合、保証人に連絡が入り、一括返済を迫られることがほとんどです。一括で支払えないからお金を借りたわけですから、ここで保証人にも支払う能力がないとなれば、同じように債務整理になってしまうわけです。 保証人に影響のない方法といえば、債務整理でも任意整理や特定調停を選ぶことになります。保証人に影響のある借り入れについては、そのままにして、他の借金について清算すると保証人には何も影響が及ばないということになります。その代わり借金の返済は続くわけですから、債務整理をしたのに、まだ重い借金の返済が残ります。 債務整理では、できれば保証人や連帯保証人をつけないほうがいいのですが、商売の関係上どうしても必要な場合には、お願いすることもあります。人間関係を潰さないように、毎月の返済はしっかりと行うべきです。 結論からいうと、保証人がついた借金でも、返済できない状態になったときには、早めに手を打つべきです。借金の額が少ないのであれば、何とか折り合いもつく可能性が高くなります。任意整理でも支払い期限の猶予で済む場合もあり、大事に至ることはありません。お金が足りなくなる前に、どこで見切りをつけるのかがとても重要だと思われます。そのために、弁護士や司法書士などの法律相談は無料のものでも活用していけばいいでしょう。

トップページへ戻る