過払い金請求をする前に知っておくべきたった2つのデメリット

 » トップページ(債務整理弁護士・司法書士ランキング) » 過払い金請求をする前に知っておくべきたった2つのデメリット

2つのデメリット

例外的にブラックリストに載ってしまうことがあるパターン1

過払い金請求をしてもブラックリストに載らなくなったと過払い金請求をすることで得られる5つのメリットで説明はしていますが、例外的に載ってしまう事があります。 それは過払い金請求をしてお金は戻ってきたはいいものの、戻ってきたお金を借金残高と相殺したとしても借金が残ってしまう場合です。もし借金が残ってしまって残債有りと判断されると任意整理=債務整理として扱われ事故情報、つまりブラックリストに載ってしまう可能性があります。そして載ってしまう期間は5年なので結構長い期間です。

例外的にブラックリストに載ってしまうことがあるパターン2

パターン1とほぼ同じパターンですが、パターン2は少しだけ違う点があります。借金が残っている状態で過払い金請求をして戻ってきたお金で残りの借金を払いきったとしても、完済するまでの期間の間で判断されてしまってブラックリストに載るケースがあるようです。これは一時的なブラックリスト状態なので、完済されると消滅されますが、何かの手違いで消されていない事も考えられるので注意しておきましょう! 過払い金請求をしてもブラックリストに載らないからと油断して、クレジットカードや新規での借り入れの審査、更新期間の場合には通らない事も考えられます。

トップページへ戻る