過払い金請求におすすめの弁護士・司法書士費用ランキング

 » トップページ(債務整理弁護士・司法書士ランキング) » 過払い金請求おすすめ弁護士|法律事務所費用ランキング

目次

債務整理弁護士・司法書士事務所 総合ランキング

1位 岡田法律事務所

岡田法律事務所
オススメ度 初期費用 相談料 初期費用 着手金 成功報酬 分割払い
後払い
エリア
★★★★★ 0円 何度でも無料(匿名でも可) 0円 1社20,000円 返還額の20% 可能(詳細は相談にて) 全国※無料で出張面談可
岡田法律事務所への公式サイトへ

2位 アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所
オススメ度 初期費用 相談料 初期費用 着手金 成功報酬 分割払い
後払い
エリア
★★★★ 0円 何度でも無料(匿名でも可) 0円 1社20,000円 返還額の20% 可能(詳細は相談にて) 全国※各地で説明会を開催
アヴァンス法務事務所への公式サイトへ

3位 はたの法務事務所

はたの法務事務所
オススメ度 初期費用 相談料 初期費用 着手金 成功報酬 分割払い
後払い
エリア
★★★ 0円 何度でも無料 0円 0円 返還額の12.8%〜 可能(詳細は相談にて) 全国※無料で出張面談可
はたの法務事務所への公式サイトへ

過払い金について

任意整理と過払い金請求との違い

過払い金請求としての手続き上の扱いは借金を完済していなければ返還請求する事は出来ませんが、借金を返済中の場合での過払い金請求は手続き上では任意整理としての扱いになります。そして過払い金の返還額を借金額との相殺に充てる事が出来るので相殺して借金がなくなれば過払い金返還請求として扱われるようになります。反対に借金が1円でも残るようであれば任意整理となります。ですので信用情報に登録される事になりますからローンの審査やクレジッカードが使えなくなったり、新しく作れなくなったりしてしまいます。任意整理の手続きをして過払い金請求としての扱いになる場合は本来ブラックリストにはなりませんが、一旦信用情報に登録される場合があるようなので注意しておきましょう!

過払い金まとめ

過払い金請求=借金完済
任意整理=借金返済中

  • 過払い金と残債とを相殺して借金0=過払い金請求
  • 過払い金と残債とを相殺して借金が残る=任意整理
  • 過払い金請求と任意整理との区別は借金があるのかないのかで決まる!

    過払い金請求のメリット

  • 臨時収入になる
  • 過払い金の利息も回収出来る権利がある
  • ブラックリストにならずにお金が返ってくる
  • 過払い金請求のデメリット

  • 手間がかかる
  • 過払い金の返還額に対する利息も回収すると雑所得としての税金が発生する
  • 返還請求をした業者から借入する事が出来なくなる
  • 過払い金の対象

    過払い金の返還請求対象者

    過払い金はクレジッカードや消費者金融でのカードローン・キャッシングが主になります。ショッピング枠での利用は対象にはなりませんので注意しておきましょう! 詳しく知りたいのであれば弁護士や司法書士への無料相談を利用しましょう。

    過払い金が発生する前提条件

    過払い金請求とは利息制限法の上限と出資法の上限との間で払いすぎていた利息分を返還請求するものです。最高裁が過払い金の返還請求を全面的に認めたのが2006年で、それから消費者金融やクレジット会社などの貸金業者が貸し付けを行っていた当時の金利平均28%から法定金利内の平均18%に変更しています。ですので、2006年より前に取引を長い期間していた方は過払い金が発生している可能性は高いです。

    個人でも返還請求は可能だが弁護士や司法書士に依頼する人がほとんど!!

    過払い金請求は個人でも可能ですが、手間がかかったり調べたり聞いたりしなければいけない事が多い為、ハードルは高いです。やはり弁護士や司法書士の専門家が決して安いとは言えないぐらいの報酬を取るだけあります。手間がかかったり知識を要する事にはお金がかかるという事です。借金を完済している場合の過払い金請求では、返還請求をすれば勝ちなのはほぼ間違いないので、しておく事でお金は一時期かかるかもしれませんが後からしっかりと回収出来ます。結果的にはプラスになるという事です。もちろん返済中の場合でも借金が減額されたり将来利息がなくなったりするので完済への道は圧倒的に高まりますね。CMや広告でも過払い金について色々と宣伝されていますが、心当たりのある人は一度弁護士、司法書士など専門家へ相談してみると良いでしょう!

    過払い金請求に必要な費用

    弁護士・司法書士費用について

    過払い金請求を弁護士、司法書士に依頼すると報酬として費用が必要ですが、報酬としての項目には減額報酬、基本報酬、過払い金成功報酬、着手金、訴訟費用など法律事務所によって呼び方が別れています。また、完済してからの過払い金請求なのか返済中での過払い金請求なのかによっても変わってくるので詳しい費用については直接事務所へ問い合わせて聞いてみましょう。完済後での過払い金請求の手続きであれば減額報酬は不要であったり、最近では着手金や基本報酬が0の所もあったりします。なるべく費用を安くするには過払い金成功報酬が大きなポイントです。上記で紹介している過払い金請求おすすめ弁護士・司法書士事務所ランキングを参考にしてみて下さい!

    トップページへ戻る