過払い金請求をすることで得られる5つのメリット

 » トップページ(債務整理弁護士・司法書士ランキング) » 過払い金請求をすることで得られる5つのメリット

5つのメリット

1.借金、キャッシング癖が治る

過払い金請求をする人の多くは、消費者金融等の貸金業者へキャッシングしています。一度借りだすと癖のようなもので、足りなくなるとついつい手を出してしまいやすいのです。 重度の人ですと銀行のATMの様な感覚に陥っていて、あたかも自分のお金のようになんの抵抗もなく借りている人もいます。 過払い金請求をすることで、請求先へキャッシングすることが不可能になりますから、強制的にお金が借りられません。過払い金の請求先があればあるほど、 キャッシングする選択肢が減りますから癖のある人は治ります。

払いすぎたお金が返ってくる(利息付き)

過払い金は、過去に払いすぎたお金を請求できる権利ですから当然お金を取り戻せます。過払い金は出資法の上限金利が変わる前と変わった後での金の差ですから、 過去に長い期間返済を続けていた人であればあるほど過払い金の返還額が多い可能性が高いと言えます!

借金が減額される

過払い金請求して取り戻したお金を借金の残高へ相殺され借金が減額、もしくは借金額よりも過払い金返還額が上回る場合であれば、借金が0になってお金が返ってくるのです。

借金の取り立てが止まる

悪質な業者なら返済日を少しでも過ぎると普通に取り立てに来たりします。現在では法律も厳しくなってきているので少なくなってきてはいますが、取り立てする悪質な業者がなくなる事はありません。過払い金請求をする前に引き直し計算をするのですが、今までの取引の履歴を開示請求しなければ引き直し計算は出来ません。そこで請求先へ取引履歴の開示請求をするのですが、その際に弁護士や司法書士へ依頼する場合は、事務所から 受任通知を請求先へ送ります。そうすると請求先と債権者とでしか、やり取りが出来なくなるので取り立てられることがなくなります。

事故情報ブラックリストに載らない

以前までは、不当に取られていたお金を取り戻すだけの過払い金返還請求なのに、事故情報(ブラックリスト)に載るとされていました。その為、新規での借り入れの審査や、クレジットカードの審査が非常に通りにくいといった事態になっていました。しかし、平成22年4月19日よりブラックリストに載ることは廃止され、過払い金請求をしても事故情報(ブラックリスト)には載らなくなりました。ですが、例外のパターンもあります!!!

トップページへ戻る