債務整理において裁判所の手続き等でかかる期間や時間

 » トップページ(債務整理弁護士・司法書士ランキング) » 債務整理において裁判所の手続き等でかかる期間や時間

債務整理において裁判所の手続き等でかかる期間や時間

借金のことはもう考えたくない、って思う場合でも、債務整理になると、短期間で全てが終わるわけではありません。交渉や裁判所の手続き次第では、長期間にわたることがあります。とはいえ、実際に債務整理を行うにあたり、どんな方法があって、手続きはどうするのか、期間や時間などもあらかじめ知っておきたいところです。期間の目安がわかると、なんとなく安心して弁護士や司法書士に任せることができます。 債務整理には裁判所での手続きが必要な方法もあります。任意整理以外の特定調停、個人民事再生、自己破産に関しては、裁判所での手続きが必要です。弁護士や司法書士に全て任せるということであれば、実際に手続きに出向く必要はありませんが、自分で行う場合には少し手間がかかります。 個人民事再生の場合は、裁判所への申し立てを合わせて半年から1年ほどの期間がかかります。これも返済可能な再生計画を立てなければならず、手続きも煩雑になっています。債務整理の専門家であれば半年程度で終了しますが、自分で行う場合は、1年程度の時間がかかってしまいます。面倒な手続きが多いと、やり直しや手直しが多くなりますので注意が必要です。 特定調停でも裁判所への申し立てがあります。必要書類への記載や調停委員との話し合いなどもありますが、3か月から6か月といった比較的短い期間で債務整理が終了します。 自己破産は、返済不能になった場合の裁判所への申し立てです。免責を求めるため、こちらも書類作成や裁判所への訪問、破産宣告や官報への掲載などで、半年から1年ほどの期間が必要です。免責決定までは早くても3か月ですから、他の債務整理よりも期間を要しますし、その手続きも煩雑です。できれば、自分で手続きを行うのは止めて、弁護士にお願いしたほうがいいでしょう。 特に闇金融業者からの借り入れの場合に、取引履歴の取り寄せを行うのは、弁護士でないと取り合わないことがあります。個人で自己破産や特定調停、個人民事再生を行う場合には、ややこしい相手との交渉ややり取りが待っているので注意が必要です。多少費用がかかっても、債務整理の専門家にお願いするメリットは闇金融業者や悪徳金融業者との交渉もスムーズに行えるノウハウを持っていることが多いからです。債務整理ですっきりと出直したいと思うのなら、手続きの早く済む方法を選ぶほうがいいでしょう。

トップページへ戻る