個人再生手続きが通らない場合どうしたらよいのか?

 » トップページ(債務整理弁護士・司法書士ランキング) » 個人再生手続きが通らない場合どうしたらよいのか?

個人再生手続きが通らない場合どうしたらよいのか?

お金のことで困っていて、債務整理を実施してもらい、すっきりとした気分で新しい人生を歩みたいと思っていたのに、個人再生手続きが通らないことがわかり、慌てて弁護士や司法書士に相談することになった、こうした事態は何でも後手に回ってしまう人にはありがちです。 自己破産や個人再生は借金解決の万能法ではありません。借金を踏み倒すことが当たり前のことになってしまうと、借金の返済に困ったら全員が自己破産や個人再生を選び、借金を返済しないでいいのだと思ってしまいます。ここで説明している個人再生であっても、その手続きや申請が通らないことがあります。個人再生は、借金を最大で5分の1にまで減額し、最大3年間で返済するものです。個人再生とはいいますが、個人再生計画を立てて計画通りに返済を続けていくものです。そして、その決められた再生計画を終え借金を完済したら、残りの借金は全額が免除になります。つまり、再生計画で決められた借金を完済できたら、全ての借金が無くなるという意味です。もちろん、個人再生計画は現実的なものでなければなりません。3年間といったそれほど長くない期間ですが、途中で返済が滞ったり、再びお金を借りなければならない事態になってしまえば、計画の策定での失敗になってしまいます。そのため、慎重に計画を立てる必要があります。例えば、今やっている職業で継続的に支払いを続けることができるのか、提出する書類に不備がないかどうか、といったところも重要です。 さらに重要な点といえば、借金の額です。借金は総額でも5000万円以下でなければなりません。住宅ローンは除きますが、借金が5000万円といえば、5分の1にしたとしても、借金が1000万円になります。こうした大金を返済できるのかどうか、サラリーマンなら難しいところでしょう。 最終的に個人再生計画が実施できない、と判断されれば、自己破産の道を選ぶしかありません。借金の減額もなくなりますし、その時点で借金のゼロと引き換えに全ての信用を失うことになります。自己破産は最終手段ですが、個人再生であっても借金が減るだけで、厳しいプレッシャーや毎月の返済日の支払いが待っています。借金の額は資産と相殺し、できるだけ減らした上で個人再生計画を立てるようにしてください。弁護士や司法書士もできるだけ親身になって相談に乗ってくれるはずです。

トップページへ戻る