任意整理は親や家族、会社にバレるのか?

 » トップページ(債務整理弁護士・司法書士ランキング) » 任意整理は親や家族、会社にバレるのか?

任意整理は親や家族、会社にバレるのか?

クレジットカードのリボ払いやキャッシングで借金を抱えてしまい、ついに支払いができなくなってしまった場合、自分の借金を整理しなければなりません。お金を借りたのは、自分だから自分だけで解決したい、こうした気持ちはよくわかります。ですから、親や家族にも知られたくないと思うわけです。また、会社の人間に知られてしまうと、お金にはルーズな人だと思われてしまい、会社での昇進にも影響するかもしれません。結論からいいますと、任意整理は会社にバレることもなければ、やり方によっては親や家族にも全く知られることなく、借金整理を終えることができます。妻や子供に借金の事実を知られると本当に困ります。父親や母親の威厳も保てません。あるいは、親に怒られてしまいます。妻や家族にも話せないことも、弁護士や司法書士は守秘義務を守ってくれますから、打ち明けてみてください。ただ、あくまでも弁護士や司法書士は法律のプロであって、カウンセラーではありませんから、話す内容には節度を持って相談しましょう。 債務整理でも任意整理や過払い金返還請求の場合、債務整理の交渉を弁護士や司法書士などの代理人が全てを行うことができます。つまり、親や家族、さらには会社にも知られることがないということです。弁護士や司法書士は、債務者から依頼を受けたあと、貸金業者などに対して通知を行います。この通知には弁護士や司法書士が代理人として成り代わり手続きを行うということを告げるものです。弁護士や司法書士が間に入ると、自宅や勤務先に債権者や貸金業者から連絡が入ることはなくなります。もし債権者や貸金業者からの電話が入ったりしたら、すぐに依頼した弁護士や司法書士に連絡を入れるようにしてください。 さらに司法書士や弁護士からの郵送も、差出人が個人名となっているため、すぐに不審に思われることはありません。今ではメールや電話でのやり取りも自由に行えますので、親や家族にバレることなく、任意整理の手続きを行うことができます。任意整理は自己破産や個人民事再生とは違い、官報に載ることはありませんし、破産者名簿に記載されることもありません。債務整理ではデメリットの少ない任意整理だからこそ、選ばれることも多いですし、弁護士や司法書士もまずは任意整理から始めることが多いようです。

トップページへ戻る