任意整理後のクレジットカードや各ローンについて

 » トップページ(債務整理弁護士・司法書士ランキング) » 任意整理後のクレジットカードや各ローンについて

任意整理後のクレジットカードや各ローンについて

弁護士や司法書士に依頼してやっと終わった任意整理ですが、その後の生活についてはどうなるのでしょうか?自己破産や個人民事再生の場合は、裁判所での手続きもたくさんありますので、6か月から1年以上の期間にわたって終了します。借金がゼロになったり、仕事を続けていれば、無事に完済できる額にまで残金も減ります。 ところが、任意整理後は、お金を借りることができない場合があります。お金を借りる機会は、自動車ローンや住宅ローン、クレジットカードなどといったものです。クレジットカードは、新規の申し込みでは必ず審査落ちになります。任意整理前にクレジットカードを持っていたとしても、一旦は利用停止となりますし、自分の名義でお金を借りることはできなくなります。住宅ローンや自動車ローンについても、同じように審査をする前に断られるわけです。まずは任意整理で決まった支払額と残額をしっかりと払い続け、完済するようにしましょう。 審査に通らない理由は、いわゆるブラックスリトに登録されているからだと考えられます。借り入れや支払いの情報は、個人信用情報機関に登録されています。返済が遅れたことがあったり、破産などがあったとすると、必ず記録されています。任意整理を行ったとすると、個人信用情報機関にもその情報が登録されます。そうすると、新たにクレジットカードや自動車ローンを組もうと思っても、審査のときに顧客の信用情報を照会しますので、任意整理の事実があるとなると、借り入れができなくなります。 お金が借りられないとなると、一生賃貸住まいや車も所有できないままですが、一生このままではなく、ブラックリストから抹消することもできます。任意整理で残った借入金は完済しましょう。完済後5年くらいたてば、事故情報は抹消されます。5年というと少し期間が長いと思いますが、返せなくなった借金が全て無くなったわけですから、それぐらいのペナルティは仕方がありません。ブラックリスト抹消には、5年から7年ほどの期間のばらつきがありますので、クレジットカードの審査は通ったのに、自動車ローンはだめだった、といったことも起こりますが、一定期間の様子をみてローン審査の申し込みをしてください。心配なら本人開示制度を利用して現在の自分の個人情報を確認してください。

トップページへ戻る