任意整理することによるデメリット

 » トップページ(債務整理弁護士・司法書士ランキング) » 任意整理することによるデメリット

任意整理することによるデメリット

後ろめたい気持ちになる債務整理ですが、自己破産、個人民事再生、任意整理などのうち比較的重くない任意整理についてはどのようなデメリットがあるのでしょうか? 債務整理のうち裁判手続きの必要がない任意整理は、借金の全額が免除されるわけではありません。つまり、任意整理を行ったからといって、借金が全て無くなるわけではないことを覚えておきましょう。任意整理で、弁護士や司法書士が入ったときは、任意整理をする人の代理になって、借金の整理を行います。利息制限法に基づき、払いすぎた利息を返還してもらう過払い金返還請求や借金を減額するためにいろいろな手法を使います。こうした手法をみてもわかるように、裁判所を利用するものではなく、借金も自分が払える無理のない金額にまで減らしてくれます。ただ、完済までに数年間かかることがありますので、心理的な負担は続きます。 任意整理であっても、5年から7年程度の期間は新たな借金やローンを組むことができなくなります。その理由はブラックリストに登録されるからです。自己破産や個人民事再生と同じようにブラックリストに載ってしまうので、任意整理を行うときには、自己破産を選ぶべきかをよく考えなければなりません。5年から7年というと、短いわけではありません。その間自分の名義での借金はできなくなります。お金をよく使う浪費家の人にはつらいものですが、しっかりと働いて、お金を貯めていれば、貯金をした後にモノを買うようになりますので、強制的に借金ができないようになっている、と考えてしばらくは諦めたほうがいいでしょう。 任意整理の手続きを自分でやるという人もいますが、消費者金融業者ではなかなか和解交渉が成立しないこともあります。手続きが長引くと借金の額も増えてしまいますし、仕事を持っている人なら、休みを取って任意整理手続きを行うことは不可能です。少し費用はかかりますが、弁護士や司法書士に一任したほうが逆に安い値段で、きちんとした処理を行ってくれます。 任意整理だから、官報に掲載されたり、職業制限になることも心配ない、と思っても、相手が闇金融業者などのややこしい相手だったとすると、そう簡単に和解に応じてくれません。借金のことで毎日悩むようであれば、じっくりと債務整理の専門家に相談し、どんなメリットやデメリットがあるのか確認した上で一番ベストな方法を選択してください。借金の悩みから解放されれば新しい人生を歩むことができます。

トップページへ戻る