任意整理をすることによって減額される費用の事例

 » トップページ(債務整理弁護士・司法書士ランキング) » 任意整理をすることによって減額される費用の事例

任意整理をすることによって減額される費用の事例

借金整理で任意整理を行った場合、どのくらい借金が減額されるのか、少し見ておいたほうがいいでしょう。任意整理は、自己破産ではないので、全ての借金がなくなるわけではありません。借り入れ先によっては、残したほうがいい借金もありますので、どの借金を減らすべきかをよく検討して任意整理の手続きを進めてくれます。実際の手続きでは、弁護士や司法書士といった法律の専門家が行います。そのため、任意整理にあたっては、法律の専門家の意見をよく聞きながらどうすべきかを判断してきましょう。 そこで、任意整理によってどのぐらいの借金が減額されるのでしょうか?人それぞれだといっても、ゼロになるのか、例えば、200万円が20万円になるのか、期待が膨らみます。任意整理時には、利息制限法に沿った引き直し計算を行います。その上で債務額を決定します。利息制限法は貸付金額が10万円未満なら年利20%、貸付額が10万円以上100万円未満なら年利18%、貸付額が100万円以上なら年利15%となっています。つまり、貸付金額にもよりますが、この金利を上回るのであれば、必ず過払い金が返還されます。少し前までは年利29.2%という金利で貸し付けていた消費者金融業者も多かったので、最大で年利14.2%の差が出てきます。引き直し計算をしたときに、借りている金額が100万円以上であったならば、かなりの過払い金が返還されるので、任意整理をする前でもまずは弁護士に過払い金返還の相談をしてみることから始めてみましょう。 任意整理では、借り入れ先一件ごとに弁護士や司法書士が交渉を行いますが、実際に減額できる額というと、2割から3割ぐらいの額になるようです。もちろん、借り入れ先との利用期間が長ければ、それだけ多くの利息を支払っていますので、減額できる額も多くなっていきます。気を付けたいのは、いつの間にか高金利での貸し出しになっていることです。最初の契約と比べて自分の支払っている利息が本当に貸し出し条件と同じであるのか、自分で計算してください。もしわからなければ、弁護士や司法書士に相談をしてみてください。任意整理を考えているなら、プロの法律家が必ず相談に乗ってくれますし、助けてくれます。家族や友人に相談しにくくても、債務整理のプロなら相談すれば必ず納得のいく結果となるでしょう。

トップページへ戻る