» トップページ(債務整理弁護士・司法書士ランキング) » 任意整理をすることによるメリット

任意整理をすることによるメリット

借金の整理は、悪いことばかりではありません。返済が軽くなったり、借金が全て無くなるというメリットがあります。借金の整理方法には、自己破産や特定調停、個人民事再生の他、任意整理があります。任意整理にはどのようなメリットがあるのでしょうか?具体的なところまで見ていきましょう。 任意整理は自己破産や特定調停といった裁判所を必要とする手続きがないため、比較的採用される方法です。ところが、貸金業者と直接金利の引き下げ交渉や借金の減額の交渉をするため、交渉がなかなか進まないことがあります。これも自分で行うのではなく、弁護士や司法書士に任せるとスムーズに解決します。任意整理では、債務者に代わって弁護士や司法書士が債権者との交渉を行います。一度依頼すると、その後は借金の督促の連絡も来ません。だから、安心して毎日を過ごすことができます。さらに電話や訪問などの督促も全くありませんので、周囲に知られることもありません。依頼する弁護士や司法書士によっては、家族や配偶者にも知られないように極秘で任意整理を行う場合も多いようです。 任意整理では、借金の減額や金利の引き下げ交渉にも慣れています。将来支払う可能性のあった利息は無くなりますので、もう高い利息を支払う必要はありません。 自己破産や個人民事再生では、官報に掲載されてしまいます。官報に載ったことは、よほどのことでないと知られませんが、任意整理では官報に載らないため、後になって任意整理の事実を知られることもありません。 自己破産をしたときには、職業の制限や取れない資格もありますが、任意整理ではそうしたデメリットはありません。任意整理では、全ての借金を整理する必要はなく、特定の債権者に対してのみ借金整理を行うことができます。保証人付きの借金があったとすると、保証人にも迷惑がかかります。任意整理について保証人に知られたくない場合は、保証人付きの借金はそのままにしておくことができます。 消費者金融業者からのキャッシングで借りた借金を整理する場合、過払い金が発生していることがあります。同時に過払い金返還請求も行いますので、一時的な収入があったり、他の借金を減らすことができます。 このように債務整理にもいろいろあって、任意整理は他の債務整理との違いもたくさんあります。どんな債務整理がいいかは、専門家とよく相談して選ぶことが大切です。

トップページへ戻る