» トップページ(債務整理弁護士・司法書士ランキング) » 任意整理の手続き期間とその流れ

任意整理の手続き期間とその流れ

任意整理を行う前に気になることが、その手続き期間と流れです。どのくらいの期間を考えていればいいのか、事前にわかっていることで慌てることはありません。また、弁護士や司法書士に任せるとしても、必要な書類や手続きなどを知っておくと、安心して待つことができます。自分で任意整理を行うのは、現実的ではありません。プロの法律家が任意整理を行っても、数か月から1年近くの期間を必要とすることがあります。これも借り入れ先の状況や借り入れ数などにもよりますが、借り入れ先が闇金融業者だったり、任意整理に協力的でない中小の消費者金融業者であれば、必要な書類が手に入らず、遅れてしまうことがあります。さらに任意整理をしようと思い、過払い金返還請求が必要なのに、借り入れ先がすでに倒産してしまっていた、ということもあります。そんな任意整理について、手続き期間とその流れについてみていきましょう。 任意整理では、案件を受任してから和解が成立するまで、おおむね3か月程度かかります。任意整理をする場合に、交渉する業者の数なども考慮してのこの期間です。交渉が長引くと6か月程度の期間が必要になります。 任意整理の流れをみると、弁護士や司法書士に依頼が来ると、債権者に対して受任通知を行います。これは代理人として弁護士や司法書士が任意整理の手続きを行っていることを伝えるものです。そして、過去の取引明細を送ってもらうように依頼します。取引明細を元に利息制限法による引き直し計算を行います。消費者金融業者にとってみれば、返済額が減ってしまうため、なかなか取引明細を送ってこなかったり、取引開始日を遅らせたりと非協力的な場合もあり時間を必要とします。その後、利息制限法による引き直し計算を使っての和解交渉です。借金の残高を分割で支払う交渉を行いますが、たいていは36回払いまでは応じるようです。和解契約は代理人が結びます。交渉後の借金の残額を返済しますが、将来発生する利息も減らします。結果として、借金の元本だけを返済することになります。 和解契約の締結後は、毎月の約定日にきちんと支払いを行っていきます。途中で借金の返済が滞ると、一括で残額返済を求められます。残額一括返済は、せっかくの弁護士が行った交渉も無駄に終わりますので、注意してください。

トップページへ戻る