任意整理後の賃貸審査はどう影響するのか?

 » トップページ(債務整理弁護士・司法書士ランキング) » 任意整理後の賃貸審査はどう影響するのか?

任意整理後の賃貸審査はどう影響するのか?

今住んでいる住居が賃貸だった場合、次の更新時期や新たに新しい賃貸物件に引っ越ししようと思ったら、もしかしたら、賃貸入居の審査にも影響するのでは?と思うかもしれません。債務整理であっても、自己破産や任意整理といったどんな形での債務整理を行ったのかによっても賃貸の審査での取り扱いに違いがあります。 債務整理をすると、クレジットカードや自動車ローンなどの借り入れができなくなります。賃貸契約ももしかしたら、債務整理により大家さんから追い出されることもあるのでは?と思うかもしれません。そこまで影響を考えていなかった人は、この機会に債務整理により賃貸の審査にどのような影響があるのか、しっかりと確認しておきましょう。 賃貸契約時や賃貸契約の更新時に、破産があった場合には、契約が解除される場合があります。任意整理は、自己破産ではありません。弁護士や司法書士が自己破産よりもまずは任意整理を選ぶことを勧めるのは、裁判所を通さず交渉で全てを解決できるからです。任意整理ですと、官報にその事実は載りません。つまり、大家さんや賃貸業者にも知られることはありません。また、財産の差し押さえもありますので、自己破産だとその事実が関係者にわかってしまいます。任意整理ならそのような心配はありません。ただ、賃貸契約書によってはそれぞれ内容が違いますので、家賃の支払いが滞ったときに任意整理のことがわかると、契約更新時には断られることがあります。しかし、任意整理を行っても、家賃の支払いを毎月きっちりと支払日には入金している場合には、そのまま問題なく住み続けることができます。 他に心配だと思われるのは、賃貸の審査で個人信用情報を参照されるのかどうかです。任意整理でもブラックリストに登録されています。賃貸の審査では通常は個人信用情報は参照されませんので、安心しましょう。ところが、保証会社が信用情報を参照する場合があります。また、家賃の支払いがカード決済の場合もクレジットカードを持つことができないため、賃貸審査に引っ掛かってしまいます。家賃の支払い方法が現金か振込の賃貸物件を選ぶようにしてください。 賃貸契約も毎月の支払いがとても大切です。その支払いの実績は今までの信用につながっています。だからこそ、賃貸物件に住み続けることができるわけです。

トップページへ戻る