債務整理をすると自宅や勤務先に連絡がいくのか

 » トップページ(債務整理弁護士・司法書士ランキング) » 債務整理をすると自宅や勤務先に連絡がいくのか

債務整理をすると自宅や勤務先に連絡がいくのか

お金が足りなくて、消費者金融やクレジットカードのキャッシングをたまに利用していたとします。キャッシングでのお金の借り入れは、金利が高くまとまったお金を借りるべきではありません。できれば、たまに余分なお金が必要になったときの予備にカードを作っておくようにするべきです。そして、短期間で完済するような使い方がベストです。 ところが、お金が返済できずに少しずつその借り入れ残高が増えていくようになると、支払う利息も増えいつの間にか雪だるま式に借入金が増えていきます。家族や知人にも黙ってお金を借りていたけれど、いよいよその返済ができなくなったということであれば、まずは弁護士や司法書士にお金や借金についての相談をし、債務整理をするべきか、預金や資産を売って借金を減らすべきか、といった選択をすることになります。その際、自分以外の第三者に借金のことを相談する場合は、信頼のおける人物や相談機関に行くことがベストです。弁護士や司法書士のほうでも、相談内容はクライアントの極秘の相談内容として考えていますので、すぐに自宅や勤務先に借金や債務整理の事実がわかることはありません。 債務整理の事実がわかってしまうと、家族と不仲になってしまったり、最悪の場合ならば配偶者との離婚といったケースもよくあります。そうならないためにも、借金整理の専門家とよく相談して、誰にも知られることなく債務整理をやってくれるプロの法律家・専門家を選ぶようにしてください。借金の事実はそれ自体は特に問題ないわけですが、延滞したりブラックリストとして個人信用情報に登録されてしまうと、昇進にも影響することがあります。 債務整理にも任意整理、自己破産、個人民事再生といった方法がありますが、裁判を行う自己破産や個人民事再生は、会社や家族にもその事実がわかってしまいます。残りは任意整理ですが、任意整理であれば自宅や勤務先に連絡が入ることはなく、誰にも知られずに債務整理を行うことができます。「うまくいけば」、というのは、債務整理をやっていることややっていた事実を自分の口から出してしまう人が多いことです。後になって体験談として債務整理を行ったことがあった、というのも止めたほうがいいでしょう。 弁護士や司法書士は、相談者の守秘義務を守ることが第一ですし、債務整理案件にも慣れていますので、どうやれば家族や勤務先に知られずに債務整理ができるのかをよく知っているわけです。

トップページへ戻る